FXで「損切り」をする

 FXでは、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し、その変動の差から生まれる評価損益を求めて利益を上げていくことを目指しています。
しかしながら、為替レートの変動の予測は難しく、FXでの取引では損失をすべて回避し、常に利益を上げ続けることは不可能とされています。

つまり、資産を増やすために投資を繰り返していけば、いつの日か必ず損失を被り、利益を失うという場面に遭遇します。

こうしたことから、FXも含めて投資取引で必要なことは、いかに損失を回避して利益を得続けるのかではなく、受けてしまった損失をどれだけ小さく抑え込み、得た利益をどれだけ大きくしていけるか、という「利大損小」という事になるのです。

この意味から、FXで損失を小さく抑えるための行為である「損切り」は、ある意味では利益を得ることよりも重要なテクニックといえるでしょう。

FXでの損切りは、基本的には難しいことはなく、新規注文で保持した通貨に評価損益による含み損が発生した場合に、決済注文を入れて損失を自ら取り込んで、被害の拡大を留めるだけになります。

出所: highlow.bz

たったこれだけのことをするだけで、損失を小さく抑え、得た利益を小さくしてしまうことを回避し、投資資金を多く残すことが可能になり、投資の回数を増やすことにつながり、より大きな利益をつかめる可能性を高めていくことにつながっていくのです。

しかし、たったこれだけのことが難しく、判断を迷い、大きな損失を被ってしまって利益を失うばかりか投資資金までもが無くなってしまって、FX取引から去らざるを得なくなってしまった投資家がたくさんいることを考えれば、行動そのものは簡単であっても、しっかりとこれを守っていくという事は難しいことであるという事も分かります。

こうした場合には、あらかじめ損切りをするルールを決めておき、そのルールに触れたらば機械的に損切りを行っていくようにすることで、より精度を高めることが出来るようになります。

例えば、投資した為替レートから、いくら下がったら必ず損切りするなどといった具体的な数値を決めておくと、判断が鈍りにくくなります。
また、予約注文である逆指値注文を利用し、あらかじめ損切りの価格に決済注文を置いていくという事も、非常に有効な手段といえるでしょう。